●突発性難聴とは?

突発性難聴とは、ある日突然に片耳がきこえなくなる感音性難聴のうち、原因不明のものをいいます。

●原因

突発性難聴の原因は不明と言われていますが、発症前から耳周辺の血流が極端に悪化していたと考えられています。

耳周辺の組織や細胞に必要な酸素や栄養素が届かないと、全体もしくは一部が仮死状態になります。一時的な血行不良であれば、血行の回復で聴力は元通りになります。

突発性難聴になってしまう方には共通点があり、頸部の緊張が強い事です。頸部の緊張は顎関節にも影響を及ぼしているので、顎関節に違和感を感じていた人が突発性難聴になるケース...

●低血圧症とは?

高血圧とは違い明確な診断基準がなく、血圧が正常値よりも大きく下回る事をいいます。低血圧の数値としては最高血圧が100~110mmHg以下、最低血圧が50~60mmHg以下の状態。

低血圧の人は、心臓から血液を送り出す力が弱いため、脳に血液が行き渡らなくなったり、全身に血液を送り出すことができないため、体全体が栄養不足となり、異常が表れます。

また、血流が悪くなることで血管内に老廃物が溜まり、血管が詰まってしまい脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。

低血圧は若い女性に多いと思われがちですが、実際は男性にも少なくあり...

●動悸・息切れとは?

動悸とは、ドキドキと心臓の拍動を強く又は速く感じるこです。心臓の拍動を自覚した状態であり、心臓の拍動を異常に強く意識することをいいます。

似た言葉で心悸亢進がありますがこれは動悸とともに心臓の不安感や心臓の存在感を伴うもので,動悸よりも広い概念をもちます。動悸は、心臓の収縮力が増強しているときや、不整脈、頻脈、徐脈、血流異常、ホルモンなどの病気が原因で起こります。

しかし、動悸は必ずしも疾患があっておこるもではなく、個人差があり生活環境や日常生活が違うため、感受性が異なります。

息切れとは、歩行時や階段、坂道の昇降時な...

●VDT症候群とは?

VDTとは、Visual Display Terminalの略で、コンピューターのディスプレイなどの表示機器を使用した作業を長時間続けたことにより、目や身体に支障をきたす疾患です。

●原因

1日の連続作業時間が長くなるほど、目に関する訴えは多く見られます。ひどくなると、近視、角・結膜炎、ドライアイなどの目の異常と共に、額の圧迫感やめまい、吐き気を起こすこともあります。

●症状

目の疲れ、痛み、乾き、かすみ、視力低下や、身体の症状としては、肩こり、首・肩・腕の痛み、だるさなどが起こり、慢性的になると背中の痛み、手指のしびれ...

●アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、痒みのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

●原因

アトピー性皮膚炎は自律神経と密接な関係があります。

自律神経には交感神経系と副交感神経系の二つの神経が存在します。

全身のほとんどの器官はこの二つの神経系がバランス良く働くことで適正に保たれています。

近年では、副交感神経の過緊張症が多くなってきています。

その原因は、頭脳活動が増える一方で、重労働や1日の歩行量が減り、身体運動の絶対量が落ちてきていることがあると考えられます。

子どもでも、外で思いきり遊ぶ機会...

●多発性硬化症とは?

多発性硬化症とは、眼、脳、脊髄にあるミエリンとその下の神経線維が傷ついたり壊れたりする病気です。
多発性硬化症は中枢性脱髄疾患の一つで、脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多彩な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患です。


脳や脊髄の神経細胞には、軸索と呼ばれる突起があり、この突起が他の神経細胞につながり、細胞と細胞の間で情報の伝達を行っています。軸索には髄鞘が包んでおり、髄鞘は、突起を保護し、電気的な情報の伝達をスムーズに行うような働きをしています。この髄鞘が、炎症により壊されることを脱髄と言います。脱髄が生じると...

●副腎疲労症候群とは?

副腎は腎臓の上にあるアーモンド大の臓器です。

この小さな臓器は2つに分かれており、それぞれの役割を持っています。

内側を副腎髄質はアドレナリンやノルアドレナリンを放出します。

アドレナリンは危機、不安、恐怖、怒りの感情によって分泌され、 それら感情に身体が対応出来るよう、各臓器に指示を出します。

血糖値を上昇させたり、心拍数や血圧を上げて血流を良くしたり、 痛覚を麻痺させるなどです。 これらストレスに対抗・反応できる身体状態を作り出すホルモンです。

ノルアドレナリンはストレスに対抗できるよう、集中力、判断力、や...

●統合失調症とは?

統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる、発病時期は思春期から30歳頃に多い精神疾患です。

原因が未だにきちんと特定できておらず、なりやすい体質や性格の人が、ストレスなど様々な環境要因が重なって発症すると言われています。

統合失調症と似たような症状が見られる躁うつ病があります。

躁うつ病は気分障害、統合失調症は思考障害と分類され、処方される薬の種類も違ってきます。

また、躁うつと統合失調症は併発することもありますが、「統合失調感情障害」という躁うつと統合失調症の特徴を合わせたものも存在します。

●症状

症状は陽性・陰性・認...

●動脈硬化症とは?

動脈硬化症とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまり、詰まったり、硬くなることで弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。

動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまり、酸素や栄養が不足し、高血圧により常に血管に負担がかかった状態でいると、動脈は弾力性を失い硬く、脆くなります。

動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など...

●性機能障害とは?

性機能障害とは性機能に障害があり性交が上手くいかない症状の総称です。主に男性の病気と言われていますが、女性の場合も少なくなく、不妊症の原因の一つにもあげられます。性機能障害の原因はさまざまで、原因に応じて泌尿器科、心療内科、婦人科などで対応します。

●症状

男性の場合

・勃起障害…性交を持続するための十分な硬さと持続力が得られない、または勃起しない。

・早漏…望むより早く射精してしまう。

・性欲低下障害…性的興味の欠如。 

・性嫌悪障害…パートナーとの良し悪しに関わらず性的交流を嫌悪する。

・膣内射精障害…膣内での射精ができない...

Please reload

Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.