Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

●肝斑とは?

肝斑とは、一般的に30代から40代の女性に多くみられる薄茶色のシミのことです。頬や額、鼻の下などに左右対称にできるという大きな特徴があり、なかでも目の周りを避けて、目の下を縁取るように現れるケースが多くみられます。

●原因

主に女性ホルモンバランスの乱れだと考えられています。特に、女性ホルモンが減少する30代後半から更年期にかけての時期や妊娠中、ピルを服用した際などにみられます。日頃からストレスを感じていたり、過度なマッサージなど、物理的な刺激でも悪化する可能性があります。

閉経後はホルモンバランスが安定するため、肝斑の症状も...

●シミとは?

シミとは、皮膚内で続けられるメラニンという色素が沈着したものです。

メラニンとは、体内部を紫外線から守る働きをします。通常メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)の働きで、28日間で剥がれ落ちて元の肌色に戻りますが、そのターンオーバーがうまくいかずに、シミとなります。また、さまざまな理由からターンオーバーが正常なサイクルを保てず、乱れてしまうと、肌細胞そのものの質が悪くなってしまいます。


シミと同時にシワや乾燥、くすみなどの肌トラブルが起こりやすいのは、肌細胞そのものにまで紫外線などのダメージが影響しているためです。28日...

●シワとは?

皮膚は3つの層から成り立っています。 肌表面から順に、表皮、真皮、皮下組織です。表皮は約0.2mm、真皮でも2mmほどという薄さです。 表皮はさらに、角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層に分かれています。 
皮下組織は脂肪の層なので、肌表面の美容と健康という観点からは表皮と真皮の状態が重要です。

シワの出現には個人差もあり、原因も様々で複合的要素が関係していたりしますが、 大きく分けると、表皮の機能低下によって発生する小ジワと、真皮の機能低下によって発生する深いシワがあります。

その他にも、急に痩せた...

寒くなると気になるのが、お肌の乾燥。

いつも潤いのあるモチモチお肌でいたいですよね!

◆そもそも、「乾燥肌」って??

もともと人間の肌には刺激を防いだり、体内の水分が蒸発するのを防ぐバリア機能があります。

このバリア機能を果たしているのが、肌の表面にある角質層です。

角質層は、角質細胞と細胞間脂質によって形成されています。

例えるなら、

角質細胞=レンガ、細胞間脂質=セメント ですね!

細胞間脂質の多くを占めている「セラミド」は水となじみやすく、

水とセラミドとが結合することで、肌の水分を保つことができます。

保湿成分が何らかの原因で正常に働かなくなっ...

⚫︎浮腫みとは?

ー西洋医学ー

浮腫みは血液の循環と深く関わっています。

心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。

それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。

しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずにが滞ってしまうのが浮腫みです。

足は特に浮腫が出やすいところです。

女性は男性よりも筋肉が少ないので筋肉の運動で作用する静脈弁がうまく働かなくなります。

静脈弁とは、静脈の中で血液を心臓に向けて送るための弁を指しま...

毛穴の中に皮脂が溜まるのがニキビの始まりです。たとえ皮脂が多くても、毛穴の中に溜まらなければニキビはできません。乾燥肌でも、皮脂が毛穴からきちんと排出されなければ、ニキビはできてしまいます。

●毛穴が詰まる原因

1.皮脂の過剰分泌

・思春期

第二次性徴期は男性ホルモンが急激に増えるため、皮脂分泌が活発になります。

・ホルモンバランスの乱れ

ストレス・・・ストレスを感じた時に分泌されるホルモンは、高ストレス作用の他に、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。強いストレスや慢性的なストレスが続くと皮脂の過剰分泌が起きます。

睡眠不足ー心身が緊張状態に...

●赤ら顔(毛細血管拡張症)とは?

赤ら顔とは、顔が赤くなる状態です。 
人の体内には、無数の毛細血管が巡っています。

毛細血管は通常、皮膚の表面には見えませんが、何らかの原因により、毛細血管が拡張し、皮膚表面に近い組織中に血液が過剰に滞ってしまい、赤く見えることがあります。

皮膚の病気による症状では、服用している薬の副作用などで赤みが出ることもあります。

皮膚の病気などではない症状では、寒暖の差が激しい、温度差のによって赤みが出たり、人前に出ると赤くなってしまうことがあります。 


 

●原因

肌の二層目にあたる真皮には、毛細血管が密集しており、...

見た目年齢を上げやすいものとして「顔のたるみ」があります。個人差はあるものの、10歳は老けて見えてしまいます。

●原因

1.肌弾力の低下

真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれていますが、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

・紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン...

毛穴の開き方は、毛穴詰まりタイプ、毛穴開きタイプ、たるみ毛穴タイプがあります。  ●毛穴詰まりタイプ 角質と皮脂が混ざった角栓というものが毛穴に詰まっている状態。毛穴に角栓や汚れが詰まった状態で放っておくと、皮脂や油汚れが酸化し、毛穴の黒ずみに発展する可能性もあります。また、毛穴が形状記憶をしてしまい、のちに角栓を取り

Please reload

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.