Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

寒くなると気になるのが、お肌の乾燥。

いつも潤いのあるモチモチお肌でいたいですよね!

◆そもそも、「乾燥肌」って??

もともと人間の肌には刺激を防いだり、体内の水分が蒸発するのを防ぐバリア機能があります。

このバリア機能を果たしているのが、肌の表面にある角質層です。

角質層は、角質細胞と細胞間脂質によって形成されています。

例えるなら、

角質細胞=レンガ、細胞間脂質=セメント ですね!

細胞間脂質の多くを占めている「セラミド」は水となじみやすく、

水とセラミドとが結合することで、肌の水分を保つことができます。

保湿成分が何らかの原因で正常に働かなくなっ...

⚫︎夏バテの症状

体がだるい、疲れやすい、集中力がない、頭痛、食欲不振、むくみ、下痢、便秘など

⚫︎夏バテはなぜ起こるの?

1.体温変化が激しい

汗を多くかくことで陰虚(水分不足)になり、疲労、頭痛、不眠、イライラが起こる。

2.栄養の吸収が悪くなる

7月は東洋医学では長夏とされ、気温、湿度が高くなる時期。

長夏は脾胃(胃腸、消化器官)が湿邪(高い湿度)によって弱くなってしまうため、食欲低下、下痢、便秘を起こしやすくなる。

3.冷房が効きすぎる

熱くなると体は、汗をかいたりして体温調整をする。

室内外の温度差がありすぎると体温調整をする自律神経が乱れ、...

冷たいものの食べ過ぎや、冷房のきいた部屋で過ごすことで、夏でも身体の冷えを感じている方が増えています。

本来、夏にはきちんと汗をかくのが自然なこと。

汗には体温を調節したり、新陳代謝を高めたりする大切な働きがあります。

上手に汗をかく自然な暮らしを心がけながら、冷えを改善していきましょう。

◆夏の冷えを予防するには・・・

1.夏でも湯船に浸かる!

指先を動かしたり、マッサージしながらお風呂に入ると効果的です。

2.腰・足をしっかり保温!

お仕事中はブランケットをかけたり、靴下を履いたりしましょう。

半身浴もおすすめです!

3.体を動かす習慣をつける!

血...

Please reload

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.