Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

⚫︎骨盤矯正と産後骨盤矯正の違い

「骨盤矯正」

日常生活のクセによって歪んだ骨盤の上下、左右、回旋や仙骨のズレを治したり、筋肉を緩めて本来の骨盤のあるべき位置に戻すもの。

脚組や急性腰痛、慢性腰痛、さらには婦人科疾患や内臓疾患、スポーツの怪我の後遺症などが歪みの原因となります。

「産後骨盤矯正」

妊娠や出産に伴う骨盤の開きを正す矯正です。

月経前や妊娠から数ヶ月ごろから「リラキシン」という女性ホルモンが分泌します。

出産時の陣痛が始まると、大量のリラキシンが分泌され、骨盤のみならず全身の靭帯が弛緩し、赤ちゃんが産道を通りやすくします。この時、本来...

●腱鞘炎とは?

関節を動かすのは筋肉ですが、筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものを腱といいます。この腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っていて、この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。

最も一般的なものは狭窄性腱鞘炎で、その代表的な病名が以下の二つです。

1.ばね指(弾発指)ー手指の屈筋腱におこる(すべての指で起こり得る)

2.ドケルバン氏病ー手首の親指側におこる

●症状

1.うまく手を動かせない

2.手首に腫れがみられる

3.指や手首の不快感

4.瞬間的な痛み

5.どこが痛いのかわからない

●原因

1.女性ホルモンバランスの...

⚫︎逆子とは?

逆子とは、子宮内で胎児の頭が下ではなく上を向いている状態をいいます。

医学的には「骨盤位」とよばれます。

本来であれば、頭から産道を通り抜けるため、頭は子宮口の方を向いていますが、逆子で上を向いていると自然分娩がしづらくなります。

妊娠初期・中期の子宮内は胎児が動き回るゆとりがあるので、頭の位置は頻繁に入れ替わっています。

妊娠後期になると胎児の頭は大きく重くなるので、自然と下を向き固定されます。

⚫︎種類

・殿位

お尻が下の状態

・膝位

膝が下を向いている状態

・足位
お腹の中で立っているような状態

⚫︎原因

母体側

・骨盤が小さい(狭骨盤)

...

Please reload

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.