●便秘とは?

便秘とは3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態となっています。

便秘は器質性便秘と機能性便秘に分けています。

○器質性便秘

大腸癌やポリープ、腸閉塞などの病気が元になって、腸の内側が狭くなり便が通りにくくなって起こる便秘です。

大腸癌や腸閉塞など命にかかわる病気が原因になっていることもあるので、便秘が長引いたり、血便が出る場合は自己判断せずに専門医を受診してください。

原因となっている病気を手術などの対処法で治療すれば便秘の症状も和らぐことが多いです。

○機能性便秘

3種類あります。

・弛緩性便秘

腸は大部分が筋...

●胃下垂とは?

胃下垂とは、胃の下端が正常な位置よりも異常に下まで垂れ下がっている状態をいいます。

胃下垂は治療すべきですが、病気ではありません。

ひどい場合は、へそのあたりや骨盤の位置まで落ち込むことがあります。胃そのものの位置が変わるわけではなく、胃の上部は正常な位置にあります。

●原因

・心理的要因

過度の疲労、緊張、不安、ストレスなどで自律神経のバランスが崩れてしまい、胃がうまく機能せず消化が進まないことでおきます。ストレスは暴飲暴食の原因にもなります。

・身体的要因

腹部や鼠径部の手術の既往、肥満、姿勢が悪い、妊娠後期、骨盤がゆがんでいる...

⚫︎寝違えとは?

寝違えとは、朝目覚めて体を起き上がろうとした際に頸部に痛みが走り、顔を動かせなくなってしまった状態を一般的にいいます。

⚫︎症状・原因

寝違えを起こすような、変な寝方をしてしまう理由は内臓の疲れです。

例えば、多量の飲酒をすると、肝臓が疲れます。肝臓は主に体の右側の筋肉と繋がっていて、肝臓が疲れる事により筋肉は縮んでしまいます。

筋肉が縮むと、右側の背骨と肩甲骨が引っ張り合います。

すると縮んだ筋肉に引っ張られた背中の骨が右の肩甲骨の方へ回転し、首は左に向いてしまいます。

起きている時は自分で正面を向こうと調整しますが、寝ている...

●下痢とは?

下痢とは消化管内に十分に水分が吸収されず、水分を多く含んだ形状のない便を排出することを言います。

●発生機序

・浸透圧性下痢

腸では食べた物の水分を吸収して固形化する働きがあります。

ですが水分を取り込もうとする力が高い食べ物をたくさん摂ると水分をうまく吸収できず、便が水分を多く含んだ状態で排出されるため下痢になります。

・分泌性下痢

腸管からは水分を吸収するだけではなく、分泌物も出されています。毒素が身体に入ると、この分泌物が増えてしまうことで下痢になります。

・滲出性下痢

腸の中に炎症が起こる原因があると、腸管粘膜から血液や血漿、血...

●胃酸過多とは?

胃酸過多とは、胃酸が必要以上に分泌されることです。

●原因

・ストレス

自律神経の働きが活発になることで胃酸分泌が起こります。人間はストレスを感じると、自律神経の中の交感神経がよく働き、それを調整するために副交感神経も活発に働くようになります。

その結果、胃酸が必要以上に分泌されてしまい胃酸過多になってしまいます。

・食事

刺激性食物の取りすぎなどの刺激が原因で胃酸過多が起こります。揚げ物は胃に長くとどまるためにとどまっている間に胃酸が分泌されます。コーヒーやアルコール、香辛料、酢の物などは胃酸の分泌を促進させてしまいます。 

・...

●肝炎とは?

肝炎とは一般的に肝炎ウイルスの感染症です。肝炎ウイルス以外の原因には、一般ウイルス、アルコール、薬物と自己免疫性機序による肝炎があります。

肝炎は経過から、急性肝炎と慢性肝炎に分けられます。6か月以上症状が治まらない持続性感染の状態を慢性肝炎。急性肝炎のうち、発症後8週間以内に急速に症状が悪化し死に至ることもある状態を劇症肝炎といいます。急性肝炎の大多数は自然治癒しますが、0.5%が劇症化してしまいます。

肝炎ウイルスには、A、B、C、D、E、G型の6種類あります。

A型肝炎ウイルスとE型肝炎ウイルスは、経口感染で、急性肝炎を...

●気管支炎とは?

気管支炎とは、ウイルスや細菌などに感染したことが原因で起こります。炎症が気管支まで進んで状態を気管支炎と呼んでいます。特にタバコを吸っている人によく見られる疾患です。

○急性気管支炎

かぜなどをひいたときに合併して起こることが多く、発熱や咳、痰が出ます。痰が長く続いたり、膿性の黄色の痰がみられる場合には、細菌による感染症が疑われます。

○慢性気管支炎

慢性的に気管支に炎症が起きている状態です。大きな原因としては喫煙があげられます。咳や痰、息苦しさなどが長期間続きます。症状は時間の経過とともにゆっくり進行していきます。...

●気管支喘息とは?

気管支喘息は、気道や気管支などに炎症が起き、空気の通り道が狭くなってしまい、空気の流れが制限されてしまう疾患です。

気道は、空気を吸い込んだ時に一緒に混ざっている様々な刺激(ホコリやダニなどのアレルギーやタバコの煙など)によって、過敏に反応します。

その発作として特徴的な喘鳴や呼吸困難、咳などが起きます。

1960年代では、子どもも大人も1%前後しかいなかったのですが、最近では、子どもで約6%と6倍、大人で約3%と3倍に増えています。

これらは現代における環境問題などが起因していると考えられています。シックハウス症候群など...

●扁桃炎とは?

扁桃腺はリンパ組織からできており、口から体内に入ってきたウイルスや細菌から身を守る免疫の働きを担っています。扁桃腺はとくに5~7歳くらいまでは重要な免疫の役割を果たしていますが、大人になってからは、身体の他のリンパ節の免疫機能が中心となるそうです。この扁桃腺がウイルスや細菌などに感染して炎症を起こすのが扁桃腺炎です。

ウイルスとは、どこにでもいる常在菌でインフルエンザ菌、溶血連鎖球菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などです。このウイルスが、風邪や、ストレス、過労、のどの乾燥、たばこ、飲酒によって扁桃腺に増加し炎症が起こります。

...

●胆嚢炎とは?

胆嚢炎とは胆嚢の炎症で、多くは胆嚢管をふさいでいる胆石が原因です。通常、胆石が胆汁の流れをさまたげることで発生するといわれています。胆嚢は肝臓でつくられた胆汁を一度溜めておいておく臓器です。胆汁はコレステロール、脂肪、脂溶性ビタミンを腸から吸収しやすい形に変えることで、消化を助けてくれています。

肝臓と胆嚢、小腸をつないでいる胆道は複数の小さな管で構成され、胆汁はそれらの管を通って肝臓から胆嚢へ、さらに小腸へと運ばれます。胆石などがあって胆管が詰まってしまうと、胆嚢が炎症を起こして胆嚢炎になってしまいます。

胆嚢炎は特に4...

Please reload

Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.