Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

●高尿酸血症(痛風)とは?

すべての細胞には遺伝子が入っています。この遺伝子を作っている核酸という物質の中に含まれるプリン体の分解産物が尿酸です。

作られた尿酸のうち、約80%は腎臓で濾過され排出されますが、この排泄量が少なかったり、尿酸が多く作られすぎて排泄が間に合わない、またはその両方が起こると血液中に尿酸が増えてきます。

このように血液中の尿酸が正常値を超えて高くなった状態が高尿酸血症です。

高尿酸血症がある程度長期化すると、尿酸は尿酸塩という形になって、関節や腎臓などに析出してくるようになります。

このように高尿酸血症を基礎として、尿...

●EDとは?

EDとは勃起機能の低下を意味し、「勃起障害」や「勃起不全」と言われます。完全に勃起出来ない状態だけでなく、勃起に時間がかかったり、途中で萎えてしまうなどもEDの疑いがあります。

専門的には「性交時に十分な勃起やその維持が出来ず、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

●原因

・心理的なストレスがある場合

心理的要因

ストレス、不安、うつなどの心理的要因20〜40代に多い

・血管や神経に障害がある場合

加齢

年齢が上がるとともにEDになる割合は増えます。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病を患う人が多くなることも原因の一つです。

生活習慣...

●頻尿とは?

頻尿は1日8回以上の排尿と決められており、何度もトイレに行きたくなる症状があれば頻尿と考えられています。通常、日中に5回、夜間に0〜1回が平均的です。

頻尿は排尿量が少ないことが多く、それにもかかわらず何度もトイレに行きたくなる場合は頻尿といえます。

●症状・原因

原因の疾患は主に、過活動膀胱、前立腺肥大症です。

過活動膀胱は、膀胱に尿が少し溜まっただけで尿を排出しなければならないという反射が起こり、膀胱が収縮してしまう状態をいいます。

高齢になればなるほど有病率が高く、原因の多くが加齢によるものです。また、過活動膀胱の特徴として...

●多発性硬化症とは?

多発性硬化症とは、眼、脳、脊髄にあるミエリンとその下の神経線維が傷ついたり壊れたりする病気です。
多発性硬化症は中枢性脱髄疾患の一つで、脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多彩な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患です。


脳や脊髄の神経細胞には、軸索と呼ばれる突起があり、この突起が他の神経細胞につながり、細胞と細胞の間で情報の伝達を行っています。軸索には髄鞘が包んでおり、髄鞘は、突起を保護し、電気的な情報の伝達をスムーズに行うような働きをしています。この髄鞘が、炎症により壊されることを脱髄と言います。脱髄が生じると...

●動脈硬化症とは?

動脈硬化症とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまり、詰まったり、硬くなることで弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。

動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまり、酸素や栄養が不足し、高血圧により常に血管に負担がかかった状態でいると、動脈は弾力性を失い硬く、脆くなります。

動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など...

●前立腺肥大症とは?

前立腺は膀胱の下部、尿道括約筋の奥にあり、クルミ大の臓器で、男性生殖器官のひとつです。ほぼ中央を尿道が貫いています。前立腺部の尿道には精巣から精子を運んでくる精管が開いています。

射精の際には、精管、精嚢、前立腺からの液体が混ざり合った精液が、まず前立腺部尿道に流れ出してきます。次いで膀胱側へ精液が逆流しないように膀胱頸部および前立腺部尿道が閉じ、尿道から外尿道口に向けて、精液が射出されます。

前立腺肥大症は前立腺の内側の部分が腫大(前立腺腺腫)する病気です。前立腺が腫大すると尿道が圧迫されて尿道抵抗が高まり、尿の勢...

●膀胱炎とは?

膀胱炎とは、膀胱の粘膜が細菌感染で炎症が起こる疾患です。膀胱は200~400mlの尿が溜まると、排尿するように尿意を感じます。排尿とともに膀胱や尿道に付着している細菌を排出するようになっています。

通常は、膀胱に細菌が侵入しても、すぐに膀胱炎になるようなことはありませんが、トイレを我慢したり、水分摂取量が減ったり、身体を冷やしたりすることで膀胱内の血流量が低下します。

膀胱の防御機構の機能も低下し、結果的に細菌感染をすることで膀胱炎が発症します。ストレスが関係していることも明らかになっています。

・急性膀胱炎

大部分が細菌感染...

●尿道炎とは?

尿道炎には症状の経過により、急性尿道炎と慢性尿道炎に分類されますが、症状の状態に相違があることから、男性の尿道炎と女性の尿道炎とに大別されます。

○男性の尿道炎は、淋菌性尿道炎と非淋菌性尿道炎に分類されます。淋菌性尿道炎は性病のひとつで、男性における淋疾の基本型でもあります。非淋菌性尿道炎は淋菌以外の原因による尿道炎の総称で、性交による感染が多いようですが、物理的、化学的刺激が原因となる尿道炎もあります。

○女性の尿道炎は、膀胱炎、子宮頚管炎、膣炎、外陰炎などに併発して発症する場合が多いです。

・淋菌性尿道炎

淋菌に感染するこ...

 痔には痔核、切れ痔、痔瘻の3種類がありますが、男女ともに多いのはいぼ痔です。次に多いのが、男性は痔瘻、女性は切れ痔です。

・痔核

肛門周辺の静脈の血流が滞り、肛門の内部や外側にいぼ状のものができて膨らむことで起こります。また、痔をつり上げている靭帯がゆるむことも原因とされています。進行すると、腫れて痛みが出たり、出血したり、肛門内部のイボが排便時に外に出てくることもあります。

・切れ痔

硬い便や太い便、下痢などによって肛門が傷ついたり、直腸肛門部の血液循環が悪くなることで起こります。

●原因

・便秘

便秘になると便が硬くなり、排便時に肛門の粘...

⚫︎不妊症とは?

不妊症とは、「妊娠を望むカップルが性行為を行っているにもかかわらず、一定期間を過ぎても妊娠できない状態」と定義されます。

健康なカップルが排卵のタイミングを見計らって性行為を行った場合は、1回の性行為あたりの自然妊娠する確率は20代でも約20〜30%といわれ、通常通り1年以内に90%の方が妊娠できます。

⚫︎原因

不妊の原因は大きく分けて「女性不妊」と「男性不妊」「原因不明」3つに分かれます。

約41%が女性のみ、約24%が男性のみ、女性男性ともに不妊原因を有しているのが約24%、原因不明が11%となっています。

女性の原因ば...

Please reload

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.