Home  >  お悩み別検索 -鍼灸の適応症状-

⚫︎卵巣嚢腫とは?

卵巣嚢腫とは、卵巣にできる腫瘍の中で、悪性ではないものの総称をいいます。

卵巣にできる腫瘍の90%以上が良性です。

腫瘍には硬いものと柔らかいものがあり、硬いものは「充実性腫瘍」といい、多くは悪性腫瘍です。中には良性のものもあります。

これらとは別に、触って柔らかいもの全般を「卵巣嚢腫」といいます。

卵巣嚢腫には4つのタイプがあります。

1.漿液性嚢腫

卵巣の表面を覆う上皮から発生し、漿液というサラサラした液体が卵巣の中に溜まってしまったものです。

卵巣嚢腫の中で最も頻度が高いといわれています。

2.粘液性嚢腫

「偽ムチン嚢腫」と呼...

⚫︎黄体機能不全とは?

黄体機能不全とは、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)分泌する黄体がうまく機能しなくなる疾患です。

プロゲステロンの作用で基礎体温が高くなり、子宮内膜も肥厚し妊娠しやすい体になります。

しかし、黄体がうまく機能せずプロゲステロンの分泌量が減少すると、正常な月経周期を生み出せずに、妊娠のための準備もできなくなってしまいます。

⚫︎症状

・月経不順

黄体機能不全は子宮内膜を維持できる期間が短くなるため、周期が短くなりやすい傾向にあります。

・月経前特有の症状がない

排卵が終わって高温期になると熱っぽくなったり、イライ...

⚫︎チョコレート嚢胞とは?

チョコレート嚢胞とは、卵巣の内部に発生する子宮内膜症で「子宮内膜症性卵胞嚢胞」ともいわれます。

卵巣の中の病巣が嚢胞をつくり、古くなった血液が溜まっていく状態で、古くなった血液は酸化して泥状に黒っぽくなり、チョコレートのようになるため、チョコレート嚢胞といわれています。

⚫︎原因

月経時の血液が腹腔に逆流するから、アレルギーの関与、腹膜組織の変化など、様々な説がありますが、実際はまだ解明されていません。

女性ホルモンの影響を大きく受けているため、月経の回数や妊娠との関係があると考えられています。

近年、働く女性が増え...

⚫︎卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とは?

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とは、排卵誘発剤などにより卵巣内の卵胞が過剰に刺激され、卵巣が膨れ上がることで様々な症状を引き起こす病気です。

排卵誘発剤による卵胞過剰刺激症候群であれば、ほとんどが軽症で卵巣の腫れやわずかな腹水がみられる程度で済みます。

まれに重症化することもあり、下腹部の不快感や痛みがひどく、腹水や胸水の量が多くなると入院が必要になります。

血栓症や腎不全、呼吸不全をおこすこともあり、注意が必要です。

⚫︎原因

不妊治療で排卵を促すために使われる排卵誘発剤が主な原因です。

排卵誘発剤は卵...

階段の上り下り、歩くだけでも痛むなど、膝の痛みで悩む方は多くいます。

⚫︎原因


膝には骨と骨が直接当たらないように、クッションのような役割をしている、関節軟骨があります。

関節軟骨は神経が通っていないため、直接痛むことはありません。
関節軟骨がすり減り、関節に異常があるとき、関節を包んでいる関節包が引っ張られるときなどに、関節の周囲の神経が痛みます。
これらの症状は、病気によるもの、スポーツによるもの、長年の生活習慣によるもの、加齢によるものなどさまざまな原因によって起こります。

・変形性膝関節症

変形性膝関節症は、80歳代の女性60%...

⚫︎慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群は、身体を動かせないほどの疲労が6か月以上の長期間にわたって続き、日常生活に支障をきたします。

健康な人が、風邪などをきっかけに、風邪に似た症状がいつまでも長引くのと同じような状態で発症することが多いです。

血液検査も含む全身の検査をいくら行なっても異常が見つからないとき、慢性疲労症候群が疑われます。

⚫︎主な症状

・微熱・頭痛・のどの痛み  

慢性疲労症候群の代表的な症状として微熱があげられます。

平熱より0.5~1.5℃程度高い熱が半年以上にわたって持続します。解熱鎮痛剤などを用いても熱があまり下がらな...

⚫︎甲状腺機能低下症とは?

喉の下の方にある甲状腺という器官から、甲状腺ホルモンという様々な器官を調整するホルモンが分泌されています。

甲状腺の機能が低下すると全身の代謝をコントロールしているホルモンが減少して、体重増加、便秘、眠気、だるさなどが生じます。

検査方法は、甲状腺ホルモンであるサイロキシン(T4)トリヨードサイロニン(T3)、甲状腺を刺激するサイロトロピン(TSH)の量を測定します。

⚫︎原因

・原発性機能低下症

甲状腺そのものが破壊されて機能を失っている場合です。

多くが、慢性甲状腺炎(橋本病)によるといわれています。

バセドウ病の治...

⚫︎高プロラクチン血症とは?

高プロラクチン血症とは、プロラクチンというホルモンの血中濃度が高くなる疾患です。

妊娠していない状態でプロラクチンの血中濃度が30ng/mlを越えると、高プロラクチン血症と診断されます。

プロラクチンとは、出産後に向けた体をつくるために脳下垂体から分泌されるホルモンの一種です。母乳をつくれるように乳腺を発達させたり、出産後の育児ができるように子宮収縮を促して体の回復を早めたりする作用があります。

出産後の体つくりの一環で、出産後すぐに妊娠できないように排卵を抑制する働きもあります。

⚫︎原因

代表的なものは「プロラ...

⚫︎メニエール病とは?

メニエール病とは、めまい・耳鳴り・難聴・耳閉感が同時におきる内耳の疾患です。

⚫︎症状

めまい、耳鳴り、難聴、耳閉感に随伴して、吐き気、嘔吐、顔面蒼白、温感異常などがおきることがあります。

⚫︎原因

ストレス、睡眠不足、疲労、気圧の変化などによる内リンパ水腫(内耳のリンパ液が増え、水ぶくれの状態)であると考えられています。

内耳には、音を感じる細胞が集まった蝸牛と、平衡感覚を司る三半規管と耳石器があります。

この両方、もしくはどちらかのリンパ液が増え、水ぶくれを起こすと症状がおこります。

⚫︎治療法

自律神経のバランスを整える...

⚫︎過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群(IBS)とは、器質的な病変がないのにかかわらず、腹痛、下痢、便秘、ガスが出る、腹部膨満感など症状があり、自律神経失調症のひとつです。

⚫︎症状

過敏性腸症候群はいくつかに分類することができます。

1.混合型

ストレスなどで便秘、下痢が交互に現れる。

2.神経性下痢

ストレスなどで下痢になる。蠕動が異常に高まることで便の水分が吸収される前に排泄される。固形ではないので、S状結腸でせきとめられない。

3.神経性便秘

ストレスなどで胃腸機能が低下しおこる。蠕動が異常に弱いために便の水分が吸収され過ぎるケー...

Please reload

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.