VDT症候群

●VDT症候群とは?

VDTとは、Visual Display Terminalの略で、コンピューターのディスプレイなどの表示機器を使用した作業を長時間続けたことにより、目や身体に支障をきたす疾患です。

●原因

1日の連続作業時間が長くなるほど、目に関する訴えは多く見られます。ひどくなると、近視、角・結膜炎、ドライアイなどの目の異常と共に、額の圧迫感やめまい、吐き気を起こすこともあります。

●症状

目の疲れ、痛み、乾き、かすみ、視力低下や、身体の症状としては、肩こり、首・肩・腕の痛み、だるさなどが起こり、慢性的になると背中の痛み、手指のしびれなど、いろいろな症状があらわれます。

●治療

血流の改善、筋弛緩、自律神経の調整をすることで、症状の改善ができます。

鍼灸治療、マッサージ、レディース鍼灸が有効です。

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

平日/土 10:00-19:30

​日/祝日 10:00-18:00

  • Instagram Icon
  • Twitter Icon
  • Facebook Icon
  • YouTube Icon

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.