カテゴリ

子宮腺筋症

●子宮腺筋症とは?

 

子宮腺筋症とは、子宮の筋肉層に子宮内膜が入り込んで増殖してしまう疾患です。

子宮内膜は、排卵後に受精卵の着床をサポートするために肥厚し、受精卵が着床しなかった場合は剥がれ落ちて経血という形で月経時に排出される子宮内の組織です。子

宮内膜症が子宮外の色々な組織に子宮内膜が増殖する疾患であるのに対し、子宮腺筋症は子宮内の筋肉組織の中でだけ子宮内膜が増殖する疾患です。

 

 

●原因

 

子宮筋腫や子宮内膜症と同じく、子宮腺筋症も明確な原因はまだわかっていません。免疫力の低下や冷え、ストレス、これらの複合的なものなどが考えられています。

また、女性ホルモンが分泌されている間は発症や症状の悪化が見られますが、閉経を迎えると軽快するため、女性ホルモンが影響している可能性もあるといわれています。

 

 

●症状

 

子宮腺筋症の最も多い自覚症状は激しい生理痛です。生理時に下腹部や腰部に激しい痛みを引き起こし、進行すれば生理時期に関係なく下半身に痛みを感じるようになります。

経血の量が増える過多月経も起こりやすく、その影響で貧血になりやすくなります。子宮腺筋症は20代後半~30代後半の女性に多い病気で、不妊や初期流産を引き起こすこともあります。

 

受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立しますが、子宮腺筋症の症状が見られる部分では着床しにくく、不妊につながってしまいます。特に症状の範囲が広くなるほど、不妊の確率も高めてしまうので、発見が遅れるほど妊娠しにくくなるといえます。

ですから、妊娠したい人にとっては早期発見・早期治療がカギとなります。

 

しかし、子宮腺筋症の初期症状は少しひどい生理痛程度なので、市販の痛み止めなどを飲んでやりすごしてしまい、子宮腺筋症の発見を遅らせてしまいがちです。なかなか妊娠できないと婦人科で不妊の検査をしてもらって子宮腺筋症が発見されるケースや、子宮がん検診などの際に発見されるケースが多いのです。

 

 

●治療法

 

子宮腺筋症には、鍼灸が効果的です。骨盤内の血流改善、ホルモンバランスを改善する施術を行います。

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.