カテゴリ

黄体機能不全

⚫︎黄体機能不全とは?

 

黄体機能不全とは、女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)分泌する黄体がうまく機能しなくなる疾患です。

プロゲステロンの作用で基礎体温が高くなり、子宮内膜も肥厚し妊娠しやすい体になります。

しかし、黄体がうまく機能せずプロゲステロンの分泌量が減少すると、正常な月経周期を生み出せずに、妊娠のための準備もできなくなってしまいます。

 

 

⚫︎症状

 

・月経不順

黄体機能不全は子宮内膜を維持できる期間が短くなるため、周期が短くなりやすい傾向にあります。

 

・月経前特有の症状がない

排卵が終わって高温期になると熱っぽくなったり、イライラなどの月経前特有の症状がおきますが、プロゲステロンが減少すると、それらの症状が感じなくなってしまいます。

 

・機能性出血がおこる

生理ではないのに子宮内膜の一部が剥がれて出血することを「機能性出血」といいます。プロゲステロンの減少により、子宮内膜を維持することができなくなるので、不正出血がおきてしまいます。

 

・不妊症や不育症

子宮内膜を維持できないと、受精卵が子宮内膜に着床しにくくなります。また、着床できたとしても、成長する前に子宮内膜が剥がれて妊娠を維持できない不育症をおこすこともあります。

 

 

⚫︎原因

 

1.脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌量が低下

これらのホルモンの分泌量が低下すると、卵胞や黄体の発育が悪くなります。

 

2.プロゲステロンに対する子宮内膜の感受性の悪さ

感受性が悪いと、プロゲステロンの分泌量が正常でも反応せず、肥厚しません。

 

3.卵胞発育不全、高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群などの疾患

これらがあると、ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

 

 

⚫︎治療法

 

鍼灸治療でホルモンバランスを整える処置をし、ホルモンの分泌を安定させます。

 

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.