カテゴリ

甲状腺機能低下症

⚫︎甲状腺機能低下症とは?

 

喉の下の方にある甲状腺という器官から、甲状腺ホルモンという様々な器官を調整するホルモンが分泌されています。

甲状腺の機能が低下すると全身の代謝をコントロールしているホルモンが減少して、体重増加、便秘、眠気、だるさなどが生じます。

検査方法は、甲状腺ホルモンであるサイロキシン(T4)トリヨードサイロニン(T3)、甲状腺を刺激するサイロトロピン(TSH)の量を測定します。

 

 

 

⚫︎原因

 

・原発性機能低下症

甲状腺そのものが破壊されて機能を失っている場合です。

多くが、慢性甲状腺炎(橋本病)によるといわれています。

バセドウ病の治療後やヨードの過剰摂取によってもおこります。

 

・先天性甲状腺機能低下症(クレチン病)

生まれつき甲状腺がない、小さい、ホルモンの分泌機能に問題がある、などが原因になることがあります。

 

 

⚫︎症状

 

怠さ、眠気、浮腫、脱毛、体重増加、便秘、声のかすれ、まぶた・眼・顔の腫れ、月経異常

 

甲状腺ホルモンの減少によって、ホルモンバランスが整わず、月経異常をおこすことがあります。

卵胞の育ち方が遅くて排卵できず月経周期が伸びたり、無排卵のために出血がダラダラと続いたり、妊娠には良くない状態が引き起こされます。

 

 

⚫︎治療法

 

鍼灸治療でホルモンバランスの調整を行います。

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.