胃の不調の原因と解消法

胃もたれや痛み、げっぷ、食欲不振…

胃の不調のお悩みは、多くの人が抱えています。


美容や健康のための「腸活」については以前お伝えしましたが、

今回は、おなじ消化器官である「胃」の不調の解消法をご紹介します!



胃の不調の原因


1.食生活の乱れ


夜は遅くまで食べて飲んで、朝は朝食も食べずにバタバタと出勤…

そんな食生活が続くと、胃の働きが鈍くなって消化・吸収がうまくできなくなってしまいます。


2.ストレス


仕事や家庭での不安やイライラ、疲れは、胃にも負担となります。また、長時間パソコンに向かっての作業は目へのダメージも大きく、ストレスの原因となってしまいます。


3.運動不足


座りっぱなしなどで体を動かす機会が少ないと、全身の血の巡りが停滞し、胃腸の働きも低下してしまいます。血の巡りが悪くなると胃腸が冷え、便秘にもつながります。



胃にやさしい食事法



・消化のいいものを腹八分目まで


胃の調子が悪いときは、温かいスープやおかゆ、うどん、温野菜などの食事がおすすめ。食べ物を粉砕する胃の負担を最小限にしてあげましょう。


・夕食は就寝3時間前までに


胃の不調の原因である食生活の乱れ。胃の活動のスイッチを入れるために、朝食を必ずとるようにしましょう。夕食を早めに済ませたり量を少なくすることで睡眠の質も上がり、翌朝のごはんを食べられるようになります。


・よく噛んで食べる


胃は食べ物を溶かす役割がありますが、その前段階で噛み砕いておくことで、胃の負担を減らしてあげられます。また、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐこともできます。



胃腸のためのライフスタイル


・自律神経を整えよう


瞑想やヨガなどで呼吸を意識することで体をリラックス状態に導くことは、胃腸の働きを整える効果もあるんです。


・胃腸を温めよう


消化吸収は多くの血液を必要とします。湯船にしっかりと浸かって温めることで血の巡りが良くなり、胃腸の働きも正常化します。

また夏は冷たい飲み物が欲しくなりますが、常温の水やお茶、温かい飲み物で胃が冷えないように工夫しましょう。


・適度な運動で血流アップ


運動不足は胃腸の冷えを招きます。ウォーキングやストレッチなどで体を動かす習慣をつけ、お腹の血流を高めましょう。



心の不調と胃の関係


胃の不調の原因は食生活だけでなく、心の不調が深く関わってきます。とはいえ、ストレスから完全に離れて生活することはとても難しいこと。ストレスを溜め込みすぎないよう、常に自分の心と体をリラックスさせる工夫をしていきましょう♪


​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.