PMS(月経前症候群)

⚫︎PMSとは?

PMS(月経前症候群)とは、排卵から月経開始までの間に身体的・精神的な不調を感じることが多い状態をいいます。

⚫︎症状・原因

PMSの症状は人によって違います。

身体的な不調の代表的なものは「乳房の張り・痛み、肌荒れ・ニキビ、体重増加、下腹部の張り、頭痛・頭重感、腰痛、むくみ、疲れ、眠気または不眠」などがあります。

精神的な不調の代表的なものは「イライラ、怒りっぽい、情緒不安定、憂鬱、集中できない、ぼーっとする」などがあります。

PMSは、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響によるものと考えられています。

排卵前には女性らしさをつくるエストロゲンが、排卵後には妊娠を助けるプロゲステロンが多く分泌されます。

排卵を境にホルモンバランスに大きな変動がみられ、それに影響されてPMSの症状が出てきます。

PMSは身体的・精神的ストレス、免疫力の低下、自律神経の乱れなどで症状が重くなります。

また、生真面目な人、完璧主義な人、食生活や嗜好品に偏りのある人はPMSが出やすい傾向にあります。

⚫︎治療法

当サロンでは、鍼灸治療でホルモンバランス・自律神経を調整することでPMS症状を改善させます。

⚫︎セルフケア

PMSはセルフケアで軽減できます。生活習慣を見直して、食生活の改善、十分な睡眠を心がけましょう。 ・食事を見直す イライラすると甘いものを食べたくなりがちです。甘いものは血糖値を急激に上げてしまいます。結果、ビタミンやミネラルを消耗しイライラの原因にもなります。 菓子類などの甘いものだけでなく、アルコール、カフェインなどもPMSの症状を悪化させます。特に生理前の期間は避けることをオススメします。 ・十分な睡眠をとる 睡眠不足だと脳の機能が低下し卵巣にまで影響します。卵巣機能が低下すると女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

⚫︎おすすめのツボ

・百会 (ひゃくえ)・・・頭の頂点。正中線と両耳の先端が交わるところ。 精神的ストレス、頭痛、不眠

・労宮 (ろうきゅう)・・・こぶしを握った時、中指と薬指の先端の間。 精神的ストレス、疲労、不眠

・曲池 (きょくち)・・・肘を曲げた時にできる横シワの外側にあるくぼみ。 肌荒れ、ニキビ、免疫

・三陰交 (さんいんこう)・・・内くるぶしから指4本分上のくぼみ。 精神的ストレス、下腹部痛、冷えの改善

#患者さまの声

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.