腱鞘炎

●腱鞘炎とは?

関節を動かすのは筋肉ですが、筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものを腱といいます。この腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っていて、この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。

最も一般的なものは狭窄性腱鞘炎で、その代表的な病名が以下の二つです。

1.ばね指(弾発指)ー手指の屈筋腱におこる(すべての指で起こり得る)

2.ドケルバン氏病ー手首の親指側におこる

●症状

1.うまく手を動かせない

2.手首に腫れがみられる

3.指や手首の不快感

4.瞬間的な痛み

5.どこが痛いのかわからない

●原因

1.女性ホルモンバランスの影響

プロゲステロンは妊娠、出産期に減少し、エストロゲンは、更年期に減少するといわれます。前者には腱鞘を収縮される働きがあり、後者には腱鞘の弾力性を保つ働きがあるのだそうです。

2.指を長時間使う

3.出産後の授乳や抱っこ

妊娠出産期はプロゲステロンが減少してしまうため、腱鞘の摩擦が増えているのだそうです。そのような状態のときに手を酷使するため、腱鞘炎を発症する女性が多いといわれています。

4.更年期の女性ホルモンの減少

更年期の女性は、エストロゲンが減少し、エストロゲンは腱や腱鞘をやわらかく保ったり、痛んだ箇所を修復する働きがあると考えられており、エストロゲンの減少によって、腱と腱鞘に摩擦が起きやすくなり、腱鞘炎を発症するケースが多いのだそうです。

●治療法

カウンセリング・検査で炎症の原因を調べます。

鍼灸治療で筋肉に直接アプローチ、レディース鍼灸でホルモンバランスを整える治療が有効です。

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

平日/土 10:00-19:30

​日/祝日 10:00-18:00

  • Instagram Icon
  • Twitter Icon
  • Facebook Icon
  • YouTube Icon

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.