ニキビ

毛穴の中に皮脂が溜まるのがニキビの始まりです。たとえ皮脂が多くても、毛穴の中に溜まらなければニキビはできません。乾燥肌でも、皮脂が毛穴からきちんと排出されなければ、ニキビはできてしまいます。

●毛穴が詰まる原因

1.皮脂の過剰分泌

・思春期

第二次性徴期は男性ホルモンが急激に増えるため、皮脂分泌が活発になります。

・ホルモンバランスの乱れ

ストレス・・・ストレスを感じた時に分泌されるホルモンは、高ストレス作用の他に、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。強いストレスや慢性的なストレスが続くと皮脂の過剰分泌が起きます。

睡眠不足ー心身が緊張状態になり、交感神経が優位になります。交感神経には男性ホルモンの分泌を促す作用があります。

黄体ホルモン・・・女性ホルモンの影響で、皮脂分泌が増加することがあります。黄体ホルモン(プロゲステロン)は、男性ホルモンと構造が似ており、同じように皮脂分泌を活発にします。

・バランスの悪い食事

動物性脂肪、糖質の摂り過ぎ・・・皮脂腺を刺激する作用があるため、摂り過ぎると皮脂分泌を増やしてしまいます。

高Gl食・・・血糖値を下げるために分泌されるインシュリンにも、男性ホルモンを刺激する作用があるため、高Gl食に偏ると皮脂量が増えていきます。

ビタミン類の不足・・・ビタミンB2とB6は、皮脂をコントロールする働きをします。不足すると皮脂の過剰分泌を起こすこともあります。

2.角化異常

・外的要因

間違ったスキンケア・・・クレンジングや洗顔で皮脂を取りすぎると、肌のバリア機能が低下し、刺激から肌を守るために角質が厚くなります。保湿が不十分で角質層の水分が不足すると、ターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれずに硬くなっていきます。

紫外線・・・紫外線にあたると肌のバリア機能が働いて角質が厚くなります。また、紫外線によって生じる活性酸素の影響で、ターンオーバーが乱れることも過角化の原因になります。

・生活習慣

ストレス、生活習慣、バランスの悪い食事

3.基礎化粧品やメイク

化粧品やメイクが毛穴を詰まらせる直接的な原因にもなります。

●治療法

美容鍼・アンチエイジング美容鍼が有効です。

鍼で微細なキズを作ると、修復するために血液集まります。するとターンオーバーが整い、乾燥等も改善されニキビのできにくいお肌を作ることができます。

●セルフケア

・保湿をしましょう。 保湿をすることで、硬くなりがちなニキビの肌を柔らかく整えます。

・ビタミンもとりましょう。 特にビタミンCには抗酸化作用があり、お肌の炎症を和らげ、色素沈着を改善する働きがります。

・睡眠をとりましょう。 睡眠時間が短い、浅いとホルモンバランスを乱す原因にもなるので睡眠時間は確保しましょう。

●おすすめのツボ

・曲池 (きょくち)・・・肘を曲げた時にできる横シワの外側にあるくぼみ。 ニキビ、肌荒れ、免疫

・天枢 (てんすう)・・・おヘソの指3本分横 ニキビ、胃腸の調節、免疫

・足三里 (あしさんり)・・・膝の外側、お皿の下から指4本分下がったくぼみ。 胃腸の調節、便秘、血流改善

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.