カテゴリ

頚椎症

●頚椎症とは?

 

頚椎症とは、頚椎の椎体骨の骨棘形成、椎間板の後方突出、靭帯の石灰化などによって、脊髄自身または神経根が圧迫、刺激を受ける疾患です。

 

 

●原因

 

頚椎症は「変形性頚椎症」ともいわれ、加齢や外傷が原因でおこります。加齢による変化には個人差がありますが、40歳頃から明らかになり、高齢になるほど変化が強くなるため、中高年者で多く発症します。

 

また、頚椎症の方で共通しているのが筋肉の過緊張です。首に過度な負担がかかり、頚椎症が発症します。

 

 

 

●症状

 

・頸部の症状

首肩の緊張、頸部動作時に肩から上肢にかけて放散痛

 

・上肢の症状

上肢の疼痛と脱力感、手指の感覚異常、冷感、こわばりを感じる、感覚異常は圧迫部位の高さに一致しており、頚神経6番の圧迫で拇指、頚神経7番の圧迫で中指、頚神経8番の圧迫で小指にそれぞれ感覚異常をきたします。進行すると筋の萎縮、皮膚温低下、発汗異常、手指の変形がみられます。

脊髄に圧迫がおこると下肢に症状が現れ、歩行障害、便秘、排尿異常などの症状が現れます。

また、変形により頭蓋内に行く動脈が圧迫されていると、首の動作時に血行障害がおこり、めまいを起こすこともあります。

 

 

●治療法

 

当サロンでは、鍼灸治療で疼痛緩和、筋弛緩、循環改善をし症状の改善をめざします。

 

 

●セルフケア

 

①首の前屈・後屈ストレッチ
②首の横に曲げるストレッチ
③首の回旋(回す)ストレッチ

 

各ストレッチを1日2回朝と夜に行いましょう。呼吸をしっかりとりながら、最低でも20秒以上は伸ばしてください。

 

 

●おすすめのツボ

 

・四瀆(しとく)・・・前腕の手の甲側で手首の中央から、まっすぐ肘まで伸ばした線上の肘から3分の1の所
頚椎症、抗炎症、鎮痛、肩こり

 


・天柱(てんちゅう)・・・親指を首筋と脊椎の間に沿うよう後頭部に向かって押し上げた時、髪の生えぎわ辺り、後頭部の骨にぶつかったところ
頚椎症、目の疲れ、頭痛

 


・肩井(けんせい)・・・首の付け根と肩先のちょうど中間あたり、だいたい首から、指幅3本分
頚椎症、肩の痛み、疲労

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.