カテゴリ

頭痛

⚫︎頭痛とは? 

 

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は頭痛もちで、3000万人以上が悩んでいるといわれます。 

頭痛の原因は様々で、症状によって予防法や対処法が異なるため、間違えればかえって痛みが悪化するなど、逆効果にもなります。

 

頭痛には、主に3種類あります。

 

*片頭痛

 

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが片頭痛です。 
片頭痛は、脳の血管が拡張することで、周囲の三叉神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。

そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども誘因とされています。

 

*緊張型頭痛

 

緊張型頭痛は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

緊張型頭痛を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢でいたりする事で起こります。

 

*群発頭痛

 

群発頭痛は、頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられています。

群発頭痛の場合は、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛みます。

ある時期に集中して起こり、男性に多くみられます。

春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。

痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。

その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、再び同じような頭痛が起こります。

頭痛の起こっている期間のことを群発期と呼んでいます。

群発期以外の期間は、頭痛はすっかり治まってしまいます。
女性に多くみられる片頭痛に対し、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍になります。

アルコールが原因になり、飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発作があらわれやすいです。

群発期には、飲酒するとほぼ百発百中で頭痛が起きるため、どんなにお酒好きの人もその期間はアルコールを避けるようです。
それ以外にもタバコや気圧の急激な変化なども誘因となります。

 

 

⚫︎症状

 

*片頭痛

 

片頭痛は、こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛みます。
頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあります。

片頭痛の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅することです。

また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

 

*緊張型頭痛

 

緊張型頭痛は、午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいです。

後頭部から首筋を中心に頭全体が締め付けられるように痛みます。

吐き気や嘔吐などといった頭痛以外の症状は現れず、日常生活への支障も片頭痛ほどではありませんが、数時間で治まる場合や、頭痛が数ヶ月以上も続くなど、慢性化しやすいです。

 

*群発頭痛

 

群発頭痛は、しばしば「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、耐えられないほどの痛みだといわれます。

あまりの痛みにじっとしていることができず、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない状態です。

 

 

⚫︎セルフケア

 

*片頭痛

 

・週末の寝だめは避ける 

寝不足、寝過ぎ、疲労、空腹など体のストレスは片頭痛の引き金になるので避けましょう。

とくに週末の寝だめや二度寝は、空腹と寝すぎが重なって片頭痛を重くするので要注意。 

 

・頭痛の誘発食品を控える 

チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、赤ワインなど片頭痛を誘発する食品の摂り過ぎには注意。 

 

冷たいタオルなどを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。一方、入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果に。 

 

・カフェインを適量 

コーヒー、紅茶、日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり、痛みの早期に飲むと痛みが軽減。ただ、連日の過剰摂取は逆に頭痛を誘発するので注意。 

 

*緊張型頭痛

 

・姿勢を正して、同じ姿勢で長時間の作業をしないようにする。

・簡単なストレッチをこまめに行い、首や肩の筋肉の緊張をほぐす。

・温めて、こりをほぐす 。

 

*群発頭痛

 

・日常生活のなかで、頭痛を誘発する要因をできるだけ取り除くことを心がける。
飲酒やタバコなどが誘因になるため、群発期間は禁酒を守り、喫煙も控える。

群発期間を過ぎればお酒を飲んでも頭痛は起こりませんので、お酒を楽しみたい人は、群発期間以外のときにしましょう。

気圧の急激な変化は血管を拡張させたり、神経を刺激して頭痛を引き起こすことがあります。登山や飛行機に乗る場合は、注意が必要です。

 

 

⚫︎治療法

 

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛がなぜ発症しているのかを検査し原因を見つけ、治療方法を決めていきます。

疲労、ストレス、自律神経、ホルモンバランスの崩れ、筋肉の血流不良には鍼灸治療がお勧めです。

 

頭痛でお薬を常時服用されている方、お悩みの方はぜひご相談ください。

 

 

 

♯患者さまの声

 

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.