カテゴリ

逆子

⚫︎逆子とは?

 

逆子とは、子宮内で胎児の頭が下ではなく上を向いている状態をいいます。

医学的には「骨盤位」とよばれます。

本来であれば、頭から産道を通り抜けるため、頭は子宮口の方を向いていますが、逆子で上を向いていると自然分娩がしづらくなります。

妊娠初期・中期の子宮内は胎児が動き回るゆとりがあるので、頭の位置は頻繁に入れ替わっています。

妊娠後期になると胎児の頭は大きく重くなるので、自然と下を向き固定されます。

 

 

⚫︎種類

 

・殿位

お尻が下の状態

 

・膝位

膝が下を向いている状態

 

・足位
お腹の中で立っているような状態

 

 

 

⚫︎原因

 

母体側

・骨盤が小さい(狭骨盤)

・胎盤の異常(前置胎盤、低置胎盤)

・子宮の異常(子宮奇形、子宮筋腫)

 

胎児側

・低出生体重児

・多胎妊娠

・羊水過多

・胎児奇形(水頭症など)

 

 

⚫︎治療

 

逆子には鍼灸治療が効果的です。

ツボを刺激すると気血の巡りが変化し、代謝や自然治癒力が高まります。

子宮に繋がる経絡のツボを刺激することで、気血の巡りがよくなり、子宮や胎児の活動を促すことで逆子を改善します。

 

 

⚫︎セルフケア

 

・まずは、体を温めましょう。

 

逆子の治療をお受けになる患者様の殆どが、体が冷えています。
赤ちゃんは、普段自由きままに、おなかの中を回っているのですが、母親の体が冷えると、赤ちゃんは動きたくない環境になってしまいます。なので、まずは赤ちゃんが動きまわりやすい環境を作りましょう。

 

・姿勢を正しましょう。

 

妊娠後期になると、猫背ぎみになります。
この姿勢は、胃をつぶし、消化不良、吐き気などの原因になるだけでなく、赤ちゃんにとっては、とても窮屈な環境で、動きたくても動けない環境です。立っている時、座っている時、少し意識して、姿勢を正しましょう。

 

 

⚫︎おすすめのツボ

 

・至陰 (しいん)・・・足の小指のすぐ外側
逆子、足の冷え


・三陰交 (さんいんこう)・・・内くるぶしから指4本分上のくぼみ。
逆子、血流改善、ストレス

 


・関元 (かんげん)・・・おへそから指4本分したに下がったところ。
子宮の調節、下痢、便秘

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.