カテゴリ

膀胱炎

●膀胱炎とは?

 

膀胱炎とは、膀胱の粘膜が細菌感染で炎症が起こる疾患です。膀胱は200~400mlの尿が溜まると、排尿するように尿意を感じます。排尿とともに膀胱や尿道に付着している細菌を排出するようになっています。

通常は、膀胱に細菌が侵入しても、すぐに膀胱炎になるようなことはありませんが、トイレを我慢したり、水分摂取量が減ったり、身体を冷やしたりすることで膀胱内の血流量が低下します。

膀胱の防御機構の機能も低下し、結果的に細菌感染をすることで膀胱炎が発症します。ストレスが関係していることも明らかになっています。

 

 

・急性膀胱炎

 

大部分が細菌感染によるもので、基礎的な疾患がない単純性と言われるもので、女性なら誰もが罹るとされるぐらいにポピュラーな疾患です。尿道を通り膀胱内に侵入した細菌は、健康であれば防御機構が働き、排尿することで外に出されます。

細菌が膀胱に侵入したからといって、膀胱炎になるとは限りませんが、ストレスや過労、風邪、やりすぎのダイエット、加えて尿意の我慢、身体を冷やすなど、体力の低下、抵抗力が落ちることで、細菌の繁殖・感染が膀胱炎に繋がっています。

 

 

・慢性膀胱炎

 

慢性膀胱炎は基礎疾患からなる場合もあり、前立腺肥大症、膀胱結石、尿路結石、糖尿病、腫瘍などがあります。基礎疾患が原因で膀胱内の細菌が留まるために繁殖・感染が長引くことになります。

急性膀胱炎の場合は抗生物質の投与で、1~2週間程度で症状が良くなりますが、慢性膀胱炎の場合は、長期的になることが多くなります。基礎疾患からの慢性膀胱炎は、元の疾患の治療が重要です。

 

 

・出血性膀胱炎

 

出血性膀胱炎の特徴は、肉眼視出来るぐらいの血尿が見られる一方で、白濁するような濃尿の症状がないことです。原因はウイルスや細菌、抗がん剤の投与、飲食時のアレルギーなどですが、一般的には、ウイルスが主因とされています。

 

 

・間質性膀胱炎

 

間質性膀胱炎は、細菌感染によるものではありません。男女の比率は1:9で圧倒的に女性に多く、膀胱の粘膜、粘膜下の間質の慢性的な炎症などの症状が見られます。下腹部や会陰部の痛みや、常に起きる頻尿、尿意切迫感などが見られます。細菌性ではないので抗生物質の投与をしても効くことはありません。

 

 

●症状

 

・頻尿

 

トイレに行く回数は増えるのですが量的には少なく、症状が進行すると10分間隔で行くこともあります。特に間質性膀胱炎では30回を超えることも珍しくなく、それが夜中になると睡眠がとれなくなることで、うつ状態になることもあります。

 

・尿の混濁

細菌が尿中で繁殖・増殖し、白血球だけでなく細菌によって炎症を起こした膀胱の粘膜が剥がれ、それが尿中に留まるために白濁します。

 

・残尿感

膀胱そのものは正常な働きをしています。残尿感は膀胱に尿があるなしに関係なく症状として現れます。

 

・陰部の痛み

膀胱炎の痛みはしみるような感じがします。膀胱の内表面は柔らかい粘膜で、敏感なこともあってそこに細菌が侵入すると、粘膜が傷つき膀胱炎になります。

 

・膀胱がチクチク痛む

多くの場合、チクチクした痛みは排尿終了時に見られることが多いようです。

 

・血尿が出る

血尿は腎臓、膀胱、尿道の3部位のうちのどれかから出血していることを示しています。膀胱の場合、膀胱に溜まっている尿を採りだしても血が混じっていることはなく、膀胱の粘膜には出血班という血豆に似たようなものがあり、そこから出血します。

 

・吐き気

膀胱炎は発熱することはないのですが、それを放ったままにしておくと、38℃以上の熱や、腰痛、吐き気をするようになります。こうなった場合は腎盂腎炎を疑います。

 

 

●原因

 

・トイレを我慢する

・膀胱が細菌に感染する

・抵抗力の低下

 

 

●治療法

 

膀胱炎には鍼灸治療が有効です。

鍼灸には血流改善、膀胱機能改善、免疫、抗炎症の作用があるため、膀胱炎の症状を改善させることができます。

 

 

●セルフケア

 

1.水を普段より多めに飲み、こまめにトイレに行く

2.膀胱内に尿が溜まっていると細菌が繁殖してしまうので、トイレは我慢しない

3.生理用ナプキンやおりものシートは細菌が繁殖しやすいので、長くても3時間くらいで交換する

4.排便後は肛門周辺に大腸菌が付着しているので、前から後ろに向かって拭き、菌が尿道口に入らないようにする

5.ウォシュレットは尿道口の周りに付着している菌を尿道に押し込んだり、デリケートゾーンを弱酸性に保つ常在菌を洗い流してしまうので、弱い水流で軽く洗い流す程度にする

6.性交渉中は細菌が尿道に侵入しやすいので、性交渉前にはシャワーなどで性器を清潔にし、性交渉の後はなるべく早く排尿し、身体の中に侵入した細菌を外に出すようにする

 

 

●おすすめのツボ

 

・中極 (ちゅうきょく)・・・おへそから下に4寸のところ。
膀胱炎、頻尿、冷え

 


・湧泉 (ゆうせん)・・・足の裏のほぼ中心にあります。かかとの方から指で触っていって最もへこんでいるところ
膀胱炎、頻尿、冷え

 


・次廖 (じりょう)・・・腰に手を当てるように、人指し指を腸骨に当てて、親指を後の中心を見つけます。そこから、親指を斜め下におろしたところ。仙骨の穴
膀胱炎、頻尿、冷え

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.