カテゴリ

腰部脊柱管狭窄症

●腰部脊柱管狭窄症とは?

 

腰部脊柱管狭窄症とは、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、神経が通る管(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫し、血液循環が滞ることにより症状が出る疾患です。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を起こす疾患の一つでもあります。

 

 

 

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は腰椎前屈位によって坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化する傾向があります。これに対して脊柱管狭窄症では、腰椎後屈位で狭窄が悪化します。

 

 

●原因

 

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、変形性脊椎症による椎体の骨棘(こっきょく)や、変性すべり症、椎間板の膨隆、黄色靱帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形など、背骨に加齢に伴う変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こります。老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなっていきます。

 

 

●症状

 

間欠性跛行が脊柱管狭窄症に共通する症状ですが、圧迫される箇所によって症状が変わります。

 

・馬尾型

馬尾神経(脊柱管の中心部)が圧迫されるタイプ。

下肢のしびれ感、冷感、疼痛、排尿障害(膀胱直腸障害)など

 

・神経根型

馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫されるタイプ。

臀部から足にかけての痛み

 

・混合型

両方の症状が起こる

 

 

●治療法

鍼灸治療がおすすめです。

Biancaでは筋弛緩、血行改善、疼痛閾値を下げる治療を行います。

 

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.