痛みは現場ではなく、会議室で起こっている!?

鍼で体の"痛み"がなくなる理由を

ご存知でしょうか?


鍼で痛みがなくなる現象。

実は…



>>>自分で治しているのです!<<<



「どういうこと?」と思いますよね?

体はとっても頭がいいのです!




★そもそも"痛み"はどうして起こるの?


痛みを感じるのは肩や腰などの部位だと思いがちですが

実際は脳で"痛い"ということを感知しています。


実際の部位からでている痛み物質を

脳が感じている状態です。



事件は「会議室ではなく、現場で起こっています。」が


「痛みは現場(部位)ではなく、会議室(脳)で起こっています。」ね。

感じる・感じないのことについてですが…。



★”痛み物質”とは……?


痛みを引き起こすのは、

発痛物質と呼ばれるブラジキニン、プロスタグランジンと呼ばれるものなどです。


他にもありますが、発痛物質の中に

血液中から出ているものがあります。


それは

>>>酸素が足りなくなると出てきます<<<



★"痛み"を無くすには……?


当然、痛み物質を"出さない"と

痛みは感じなくなります。


痛い部位から発痛物質が出てしまう原因はいろいろあるのですが

ひとつだけ紹介します。



血液中から出てくる発痛物質は

酸素がたっぷり供給されていれば出てきません。



鍼で体に刺激を与えることによって

そこに血液が集まってきます。

酸素は血液によって運ばれるので

循環が良くなるとだんだんと痛みは感じなくなっていきます。


「現場」での事件は落ち着くので

「会議室」も大丈夫ですね!!




外からの刺激は、私たち鍼灸師が与えますが

体の中で起こっている反応は


ご自身が感じている刺激によっての反応です!


「鍼を受けて、自分で治す」

の意味を少しでもご理解いただけたら嬉しいです(*^^*)

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.