カテゴリ

気管支炎

●気管支炎とは?

 

気管支炎とは、ウイルスや細菌などに感染したことが原因で起こります。炎症が気管支まで進んで状態を気管支炎と呼んでいます。特にタバコを吸っている人によく見られる疾患です。

○急性気管支炎

 

かぜなどをひいたときに合併して起こることが多く、発熱や咳、痰が出ます。痰が長く続いたり、膿性の黄色の痰がみられる場合には、細菌による感染症が疑われます。

○慢性気管支炎

 

慢性的に気管支に炎症が起きている状態です。大きな原因としては喫煙があげられます。咳や痰、息苦しさなどが長期間続きます。症状は時間の経過とともにゆっくり進行していきます。息苦しさが現れることで、初めて疾患にに気が付く場合も多いです。

また、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかった場合、悪化しやすくなります。肺炎を合併したり、呼吸機能が悪化してしまう場合も多いので注意が必要です。
 

●原因

 

急性気管支炎はほとんどの場合がウイルス感染で起こります。多くは冬に流行するかぜやインフルエンザなどから移行するとされ、ウイルス感染が治ったあとでもそれによって生じた炎症が残り、症状が続きます。細菌によって起こる急性気管支炎もあります。ウイルス感染に引き続いて、細菌感染を合併する場合もあります。原因となる細菌には、ワクチン接種が効果的な肺炎球菌や、子どもによく見られるマイコプラズマや百日咳などがあります。

 

慢性気管支炎の主な原因は、職業上の粉塵や化学物質、タバコなどがあります。中でも最も関連が深いとされているのが、タバコです。長年喫煙を続けることで、気管支が炎症を起こし、肺の肺胞が壊れてしまいます。そのため咳や痰が続き、息苦しさが現れるようになると言われています。
 

●治療法


気管支炎には鍼灸治療が有効です。
鍼灸で炎症を抑えます。また自律神経、ホルモンバランスを整え、免疫力を上げます。

 

●セルフケア

 

常温の水を少しずつこまめに摂ることで、痰の排出がスムーズになり、咳や喉の閉塞感も緩和されます。

 

風呂に浸かるのもおすすめです。
お風呂に入ることで体温が上がり、浴室の蒸気によって痰が出やすくなります。

(※熱がある時や倦怠感が強い時などは避けましょう)

 

●おすすめのツボ

 

・人迎(じんげい)・・・のどの骨の外側で、指で軽く押さえたときに脈を感じるところ
気管支炎、咳止め、排膿

・天突(てんとつ)・・・鎖骨の間にあるくぼみ
気管支炎、咳止め、排膿、呼吸苦

 

 

・尺沢(しゃくたく)・・・尺沢はひじを曲げたときにできるしわの真ん中で、太い筋の外側
気管支炎、咳止め、排膿

 

 

 

Please reload

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

LINE予約

気軽にメッセージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

クレジットカード取り扱い

VISAカード
マスターカード

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.