東洋医学の春


生命の力を感じる季節。厳しい冬の終わりを感じ、気分も明るくなりますね。

同時に花粉症・のぼせ・気持ちが安定しないなど、不調を感じやすい季節でもあります。 東洋医学では、冬は陰のエネルギーにより身体の内側に向かって充実をはかろうとしますが、立春の頃には陰から陽へ「発散」に転化し、身体は内側から動きだし、その機能を活性化させます。 春の陽気が盛んになるにつれ、私たちの身体の中でも新陳代謝が活発になり、エネルギーの消費量も増加します。 春は、良くも悪くも目覚める季節。強い風が吹き荒れ、私たちの身体も身体的・肉体的に不安定な状態になりやすい季節です。 東洋医学では、春は「肝」に影響が出やすい季節とされています。 「肝」の働きは、自律神経、目や筋肉、感情や情緒中枢のコントロール機能まで、システム的な部分をいいます。 肝の気は上昇する性質をもっているので春の陽気に刺激され肝気がのぼりやすくなる事があります。

そうすると頭痛・のぼせ・めまい・不眠・便秘・肌荒れ・情緒不安定などの症状に繋がります。


不調を感じたら、呼吸が浅くなっていることも多いので意識して深くしてみる事もお勧めです。

上に気が昇り足元が冷えているときは足元を暖めて昇った気を下におろす様にしてあげるといいです。


春を気持ちよく迎えるために今から対策をしていきましょう。



​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

平日/土 10:00-19:30

​日/祝日 10:00-18:00

  • Instagram Icon
  • Twitter Icon
  • Facebook Icon
  • YouTube Icon

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.