慢性疲労症候群

⚫︎慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群は、身体を動かせないほどの疲労が6か月以上の長期間にわたって続き、日常生活に支障をきたします。

健康な人が、風邪などをきっかけに、風邪に似た症状がいつまでも長引くのと同じような状態で発症することが多いです。

血液検査も含む全身の検査をいくら行なっても異常が見つからないとき、慢性疲労症候群が疑われます。

⚫︎主な症状

・微熱・頭痛・のどの痛み  

慢性疲労症候群の代表的な症状として微熱があげられます。

平熱より0.5~1.5℃程度高い熱が半年以上にわたって持続します。解熱鎮痛剤などを用いても熱があまり下がらないことも特徴です。

・疲労感

慢性疲労症候群では、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が引き起こされます。

仕事や育児など、疲労の原因がはっきりしている場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまりません。

・筋肉痛

全身または特定の部位に激しい運動をした後のような筋肉痛が現われ、動くことができないほどの痛みになることがあります。

・不眠、過眠

自律神経の異常により、寝つけない、眠りが浅い、早く目が覚めてしまうなどの「不眠」や、朝起きられない、日中に極度の眠気に襲われるといった「過眠」の症状、さらにはこれらが、一日のうち同時に現われることもあります。

・気分障害

うつ病に似た症状がでて、気分の落ち込みが続き、仕事にでられないほどまでになる場合があります。一般的には、うつ病の症状は朝に重く、午後に軽減される傾向がありますが、慢性疲労症候群の場合、午後のほうが憂うつ感が強まる傾向にあります。

注意力や集中力の低下などもみられます。

物忘れがひどくなるなど、認知症のような症状がでる場合もあります。

⚫︎原因

慢性疲労症候群は、その原因が明らかになっていません。

身体は、神経系、ホルモン系、免疫系の3つがバランスを保って働いています。

ところが、ストレスをきっかけにして、神経系の働きに異常が生じ、免疫の働きが低下すると、体内に潜伏していたウイルスが再活性化されます。

そして、再活性化したウイルスを抑え込むために、体内では、免疫物質が過剰に作られるようになります。

この過剰に作られた免疫物質が、脳の働きに影響を及ぼし、強い疲労感や様々な症状を起こすという説が有力です。

⚫︎治療

慢性疲労症候群の治療には、身体の免疫力を高める治療が必要です。

鍼灸治療はホルモン、自律神経バランスを調整し、自然治癒力、免疫力を高める事が出来ます。

​ご予約 ▶︎ 03-6886-3251
カテゴリ

目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.