肺が乾燥??【秋の食養生】

秋になって空気が乾いてくると、お肌の乾燥が気になるもの。

しかし、乾燥するのはお肌だけではないんです!

肺は乾燥の影響を受けやすく、機能が低下するとさまざまな不調が現れます。


●喉や鼻の乾燥

喉、鼻は肺と繋がっているため、肺が乾燥の影響を受けると、乾燥や痛みを感じます。


●咳、痰が出しにくい

喘息に繋がることもあります。


●口の渇き

体の水分を消耗するため、口の乾燥を感じます。


●便秘気味

肺と大腸は深い関わりがあり、大腸も潤いを失って便秘しやすくなります。


●免疫機能の低下

夏バテで栄養が十分に取れていなかったり、ストレスが溜まっていると肺が乾燥の影響を受けやすくなります。

肺は外部の刺激から守るバリアの役割をしているため、肺機能が低下すると免疫力も落ちてしまいます。



◆秋の食養生


東洋医学には「辛散燥邪」という言葉があり、辛味が秋の乾燥を発散させてくれます。

おすすめは「生姜」と「ネギ」!

毎日の食事に少しずつ取り入れましょう。

白菜や大根、しそなどをお味噌汁に入れて飲むのもいいですね。



◆肺を潤して、喉やお肌の乾燥を防ぐ!


●喉にいいもの

梨、ごぼう、レンコン、銀杏、杏仁


●お肌にいいもの

鳥の手羽先、皮、軟骨、鶏ガラスープ、ごま、豚足、はちみつ

食事で体の中から潤いを補充しましょう❤︎




目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.