冬の大敵『乾燥肌』


寒くなる季節に気になるものが

『乾燥肌』です。🍃

乾燥肌になると、肌がカサカサと粉を吹いたようになったり、

最悪の場合かゆみなどの症状を伴ったりすることもあります。


冬になると外気が乾燥することから、肌の水分が必要以上に奪われることで

乾燥肌になる人もいますし、ホルモンバランスの乱れやエアコンなどの

送風を受けて通年、乾燥肌に悩む人もいるようです。💧


乾燥肌対策としては、

肌に水分を補って潤すことがもっとも大切なポイントになります。


即効性の高い方法として考えられるのは、

保湿性の高い化粧水で肌の外側から水分を補う方法です。

⚠︎しかし、肌の内側の細胞が乾燥している場合には、根本的な解決にはなりません。


☆口からも適切に水分を摂取して、体内の水分量そのものを増やすことが重要です!


通常私たちの皮膚の表面には、適量の皮脂が分泌されています。

この皮脂と汗とが混ざり合うことで『皮脂膜』が作られ、皮脂表面は

保湿され守られています。


乾燥肌は脂の分泌量が減少することで、皮脂膜が機能しなくなり、

その結果、皮膚表面から水分が失われていきます。



【乾燥肌になる原因】

①ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの2種類があります

・エストロゲン

卵巣でつくられて、角質細胞や真皮の線維芽細胞の増殖を促進する働きがある。


・プロゲステロン

皮脂分泌を促進したり、水分を細胞に閉じ込め細胞の潤いを保ったりする働きがある。


👉この働きが、年齢、ストレス、月経の周期などの影響で乱れます。


②体内の水分量の低下

エアコンの送風などでも、気づかないうちに肌や体の水分が蒸発しています。

水分量が減ることで、血液がドロドロになっていき、全身の血行不良を引き起こします。

そうすると、新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーなどにも悪影響を及ぼします💦


+慢性的な睡眠不足、過度なダイエット、ビタミンやミネラル不足、

ファストフードが多い生活、紫外線、間違ったスキンケア



乾燥肌を治そう!!!

・白湯、ハーブティを飲みましょう。

→冷たい飲み物は体温を下がらせて新陳代謝も鈍くします。

喉が渇いた〜の前に水分補給ですね!!


・保湿力の高い化粧水、美容液

ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリン、ステアリン酸コレステロール、セラミド

→こすらず、ぬり込まず、なで回さずこれで肌に負担をかけないようにしましょう。





目黒・不動前のBianca目黒鍼灸サロン

​美容鍼灸・不妊鍼灸・マッサージ

〒153-0064

東京都目黒区下目黒3-5-1​ 梶浦ビル3F

月〜土  10:00-19:30

日・祝  10:00-18:00​ *不定休

電話予約

月〜土  10:00-20:00

日・祝  10:00-18:00

WEB予約

いつでも​•どこでも

line-icon-change-ver-6-5-0_1017022716.pn

LINE予約

気軽にメッセージ

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.