名里裟羅 (なざと さら)

マタニティケア鍼灸師

​レディース予防医学指導士

妊娠中の腰痛

特にお腹が大きくなる妊娠後期に悩まされる方が多いです。

​もともと腰痛がある方なら、なおさらひどく腰痛に悩まされます・・・。

○原因と治療

お腹が大きくなってくると、前のめりにならないように腰を反って体を起こします。

一日中、体を反った状態でキープしているので腰に負担が大きくかかります。

また、ホルモンも腰痛の原因になります。

妊娠するとリラキシンという靭帯を緩めるホルモンが出ます。

普段、骨盤周りを支えている靭帯が緩むため、骨盤周りや腰回りの筋肉で支えないといけません。

腰が反っていたり、普段使わない力が入って腰痛が出ている可能性が高いです。

しかし、腰やお尻の筋肉を緩めすぎると靭帯が緩んでいるため、立てなくなってしまいます。

​筋肉を緩めることを目的にするのではなく、左右差を取り、片側への負担を減らします。

© 2016 by Bianca. All Rights Reserved.